• Btn mail
  • twitter
  • facebook
  • line
  • mail
  • 会員登録
  • ログイン

伝える力

  • 114HIT
  • 0
  • 0
  • 40代以上社会人 楊 仲慶さん

2024/7/1 vol.65

技術の高度化や製品の多機能化によって、従来は営業担当やサービス担当で行ってきた業務も技術者がやらなくてはなりません。そういう意味で、技術者の果たす役割は益々大きくなります。技術開発が中心業務であるわが社(Mywayプラス)の場合、お客様からの引き合いについては技術者が営業担当と同行し、直接お客様とやり取りを行います。また、自分の研究成果、技術をいかにわかりやすく上司や同僚に伝えるかも、自分自身の評価に繋がるだけではなく、自らの職業的な責任でもあります。従って、他人に「伝える力」がとても重要です。

では、「他人によく伝わるには」どうすればよいか、私なりにまとめてみると、以下の3つがあります。
1.自分の言葉で話す、書くこと
他人の言葉はどんなに素晴らしくても、伝わりません。 ですから、自分なりに噛み砕いて自分の言葉に置き換えなければなりません。そのためにももちろん、内容をよく勉強して、自分がよく理解していることが前提です。
2.ポイントを絞って話す、書くこと
日本人の場合は、責任を恐れるあまりにすべて網羅したがる傾向があります。 あれこれ網羅すると、読む人、聞く人にとっては混乱します。私は人に話す時、よく「ポイントは3つあります」と前置きしながら話すようにしています。書く時も同じように、ポイントを3つか5つ程度に絞って書くことです。
3.話す場合は自信をもつこと、書く場合は語尾を明確にすること
自信のない話、語尾が不明瞭な言葉では伝わりません。どうしても自信がない場合は、話さない、書かないことも1つの選択です。

では、人によく伝える力をどうすれば向上できるか、私自身が実践している2つを紹介します。
1.よい文書を沢山読む、よい話を沢山聞くこと
 読む・聞くだけではなく、なぜよいか、よくないかを常に考えて、自分の体に落とし込んでいきます。
2.人前で沢山話す、沢山書くこと
簡単なこと、例えば、技術レポートを毎週提出する、会議出席したら必ず1回は発言する、などを実践することです。No63で紹介したように、やりきることが肝心です。こうして毎週「技術者のビタミン」を書くことも、一番勉強になっているのは実は、私自身ではないかと思っています。

一般社団法人 日本パワーエレクトロニクス協会
代表理事 楊 仲慶

PR 【パワエレ転職】のあれこれ 

https://pwel.jp/articles/461

Nolike

添付ファイル

3つまで添付可能です

<利用規約>

  1. 中傷誹謗にあたるまたは趣旨に合わないと判断された場合投稿を削除します。
  2. 営業販売・広告類の掲示は厳禁とします。
  3. ご利用にあたっては、上記同意したと見なされます。