• Btn mail
  • twitter
  • facebook
  • line
  • mail
  • 会員登録
  • ログイン

チャレンジする

  • 301HIT
  • 1
  • 0
  • 40代以上社会人 楊 仲慶さん

2024/5/13 vol.59

私がわが社(Mywayプラス)を創業した初期の話です。
当社はパワエレ分野で開発ツールを提供しているため、お客様はその開発ツールを使って、パワエレ技術や製品を開発します。そのため、開発も手伝ってほしいという依頼が多くありました。O社様向けの電源開発もその一例です。
お客様の要望する仕様の開発経験は無かったのですが、それを実現させるアイデアがあったので、開発を受けることにしました。ところが、半年間の開発期間を過ぎても、なかなか動作が安定しません。さらに2か月延長してもやはりできませんでした。とうとう時間切れです。
担当の取締役技術部長から、「楊さん、あなたの頑張りは本当に敬服します。あす、私は責任をとって会社に辞表を提出しますが、あなたには予定の開発費用を支払います」。私は涙が出るほどうれしかったです。この開発費用がなければ、会社は倒産していました。
その後、何とかこの技術を製品化したいという信念で、横浜市の助成金を得て、双方向電源の開発を漕ぎつきました。因みに、この製品はその後、神奈川県工業技術大賞奨励賞を受賞し、当社の発展の基礎を作ったといっても過言ではありません。

人は、経験を通して学習していくのです。その中で、失敗があります。その失敗を恐れて、またはその責任を避けるために、新しいことをためらっては、新しい技術、新しい製品が生まれなくなります。新しいことをやるには、不確定な困難があります。事前にすべての課題、障害を取り除くことは不可能に近いです。前向きな失敗は必要で、まさに「失敗は成功の母」ですね。

チャレンジすることは、若さの証拠だと私は思います。チャレンジしないことは、精神年齢の老化を意味します。チャレンジすることは、自分自身を生き生きさせ、人をわくわくさせることができます。

一般社団法人 日本パワーエレクトロニクス協会
代表理事 楊 仲慶

PR 【パワエレ転職】のあれこれ 

https://pwel.jp/articles/461

Nolike

添付ファイル

3つまで添付可能です

<利用規約>

  1. 中傷誹謗にあたるまたは趣旨に合わないと判断された場合投稿を削除します。
  2. 営業販売・広告類の掲示は厳禁とします。
  3. ご利用にあたっては、上記同意したと見なされます。