• Btn mail
  • twitter
  • facebook
  • line
  • mail
  • 会員登録
  • ログイン

相手の視点に立つ

  • 201HIT
  • 0
  • 0
  • 40代以上社会人 楊 仲慶さん

2024/3/4 vol.49

わが社(Mywayプラス)の営業部では、毎月1回、営業マン同士による「お客様視点実践シェア」の勉強会をやっています。日頃、営業マンが営業活動の中で、お客様の視点で、どんな行動をしたか、をシェアし合うことです。
その勉強会の主宰者は30代の若き部長です。実は、その彼が、仕事を進める上で、大切にしているのは「相手の視点に立つ」こと、です。そのような彼は、仕事の成果ももちろんピカイチで、周りからも尊敬されています。

考えてみれば、納得しますね。どんな仕事でも、必ず依頼先があります。相手が何を望んでいるか、どうすれば相手が喜んでいただけるか、その気配りが自然にできることで、その彼がどんどん成長し始めたのです。どんなに優れた音楽の才能をもっても、聴く相手がいなければ、一流の音楽家にはなれません。どんなに技術のセンスがあっても、仕事を頼まれなければ、プロの技術者にはなれません。

「相手の視点に立つ」ことを言うのは簡単ですが、実際に実践するのが簡単なことではありません。「高く評価してくれるから、やってあげる」、そういう下心が少しでもあれば、すぐに相手に見抜かれます。心の底から相手を受け入れ、相手の喜びを自分の喜びにすることができるかどうかです。そうなるためには、人格を磨く研鑽が必要です。わが社では、稲盛和夫氏の講話や書籍を通して、日々研鑽しています。皆さんは、日ごろどんな研鑽をやっていますか?

一般社団法人 日本パワーエレクトロニクス協会
代表理事 楊 仲慶

PR 【パワエレ転職】のあれこれ 

https://pwel.jp/articles/461

Nolike

添付ファイル

3つまで添付可能です

<利用規約>

  1. 中傷誹謗にあたるまたは趣旨に合わないと判断された場合投稿を削除します。
  2. 営業販売・広告類の掲示は厳禁とします。
  3. ご利用にあたっては、上記同意したと見なされます。