• Btn mail
  • twitter
  • facebook
  • line
  • mail
  • 会員登録
  • ログイン

 

 

 パワーエレクトロニクス技術者の継続的な育成と交流を目的としてパワエレフォーラムをオンラインで開催します。

 最先端のデバイスの紹介とそのデバイスを利用したパワエレ製品まで今後のトレンドを含めた講演を行います。

 世界的なカーボンニュートラルの課題に対して、製品の電動化が急激に加速化しています。
 企業は、より高付加価値な製品が求められる中で、最新技術は欠かすことができません。

 当協会は、最先端技術の情報をシェアすることで、パワエレ業界の発展に寄与することを目的としています。
 皆様にお会いできることを楽しみにしています。

 

開催概要
日程
2022年2月10日(木)10:00~17:30
主催
一般社団法人日本パワーエレクトロニクス協会
協賛
キーサイト・テクノロジー株式会社
テクトロニクス
参加費用
無料
参加方法
ツール
Zoom
インストール
推奨環境
動作テスト

 

プログラム
時間 講演者 タイトル
10:00 ~ 11:15 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 山口 浩 様「ワイドバンドギャップ系パワー素子とその応用技術」
調整中 株式会社ケミトックス
調整中 Innoscience Technology Co., ltd.
調整中 電子磁気工業株式会社
13:00~14:15 株式会社IHI 平川 香林 様「脱炭素社会に向けた航空機の動向と電動化の取組」
調整中 キーサイト・テクノロジー株式会社
調整中 テクトロニクス
調整中 Mywayプラス株式会社
調整中 テレダイン・レクロイ
16:00~17:15 トヨタ自動車株式会社 岡村 賢樹様 「トヨタの電動化パワートレーン技術」

 

最先端技術 講演内容
10:00~11:15  司会:東京工業大学 特任教授/名誉教授 赤木 泰文 様
タイトル
ワイドバンドギャップ系パワー素子とその応用技術
講演者
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 先進パワーエレクトロニクス研究センター
研究センター長 山口 浩 様
 パワーエレクトロニクス技術は、カーボンニュートラル社会実現のための基盤技術であり、よりいっそうの高性能化と普及拡大が強く求められている。こうした背景から、SiC、GaN等に代表されるワイドバンドギャップ半導体を利用する新世代のパワー素子の開発が進められている。ワイドバンドギャップ半導体は、Si半導体と比べ、その物性面に大きな違いを有していることから、Si半導体では達成できない水準の性能を有するパワー素子が実現可能である。実際、近年では1kV級の耐圧域を中心に、SiCやGaNのパワー素子やパワーモジュール等が市販されるようになり、これらを利用した高性能のパワーエレクトロニクス機器の利活用が始まっている。本講演では、ワイドバンドギャップ系パワー素子とその応用技術の現況と、当該技術に対する今後の期待について説明する。
1989年3月 東京工業大学工学部電気・電子工学科卒業。
 同大学大学院修士課程(電気・電子工学専攻)、
 博士課程(電気・電子工学専攻)を経て、
1994年4月より同大学工学部電気・電子工学科助手に着任。
1996年6月に通産省工業技術院電子技術総合研究所
 (現所属機関の前身となる組織のひとつ)に転籍。
現在、国立研究開発法人産業技術総合研究所(AIST) 先進パワーエレクトロニクス研究センター(ADPERC) 研究センター長。
電気学会、低温工学協会、電子情報通信学会、IEEE会員。

 

13:00~14:15  司会:東京都立大学 特任教授・名誉教授、前副学長 清水 敏久 様
タイトル
脱炭素社会に向けた航空機の動向と電動化の取組
講演者
株式会社IHI 航空・宇宙・防衛事業領域 技術開発センター エンジン技術部 将来技術グループ
主査 平川 香林 様
 ここ数十年の気候変動は,氷河の融解による海面水位上昇,洪水や干ばつなどの影響が観測され始め,世界規模で地球温暖化への対策が喫緊の課題となっており,日本政府は「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」を宣言,2030年に向けた温室効果ガスの削減目標について,2013年度比で46%削減することを目指すことを表明しています。そんな中,各業界で積極的な取り組みが進められつつありますが,航空業界における脱炭素社会に向けた動向と航空機電動化に関する取組についてご紹介します。
2000年4月 岩手大学工学部 機械工学科 入学
2004年3月 岩手大学工学部 機械工学科 卒業
2006年3月 岩手大学大学院博士課程前期 生産開発工学専攻 修了
2009年3月 岩手大学大学院博士課程後期 生産開発工学専攻 修了
2009年4月 アドバンスソフト株式会社に入社
2011年11月 一般社団法人エネルギー総合工学研究所に出向
2014年4月 同上研究所の出向を解除,
 アドバンスソフト株式会社に帰属
2014年5月 アドバンスソフト株式会社を退職
2014年6月 株式会社IHIに入社
 航空・宇宙・防衛事業領域 技術開発センター 要素技術部 配属
2020年10月 航空・宇宙・防衛事業領域 技術開発センター
 将来技術プロジェクトグループ
 航空機電動化プロジェクトコントロールオフィス

 

16:00~17:15  司会:東京都立大学 特任教授・名誉教授、前副学長 清水 敏久 様
タイトル
トヨタの電動化パワートレーン技
講演者
トヨタ自動車株式会社 パワートレーン先行統括部
主査 岡村 賢樹 様
 トヨタでは1997年の初代プリウス発売以来、約25年に亘り、環境車の普及を目指して電動パワートレーン技術の進化に取り組んできました。
 本講演の前半は、初代~最新の第4世代プリウスに至るまでのHEV向けユニットと制御の技術変遷について、主に低燃費と低コストの観点で、開発の切り口や取り組み内容を分かり易くお伝えします。
 後半は、これから市場拡大が期待されるBEV/PHEVへの展開技術や、パワートレーンをも超えた今後の方向性について、触れたいと思います。
 その上で、随所に、電動車開発におけるパワーエレクトロニクス技術者としてのチャレンジや苦労談を、技術は真面目に、募る思いはユーモラスにお話させて頂く所存です。
1997年日立製作所に入社し、JRの特急電車と通勤電車の
 車両駆動システム設計に従事。
2000年トヨタ自動車に入社し、2世代、3世代プリウスの
昇圧システムとモータ制御量産開発を担当。
2007年に東富士研究所に異動し、4世代プリウスのシステム先行開発後、次世代HEVシステムの燃費や走りの先行開発を担当。
2018年からはBEV/PHEVのシステム先行開発に従事し、
 電費/燃費や走りに加え、モビリティーとしての乗り心地向上や、
 Woven Cityなど街とのエネルギー連携プロジェクトにも参画中。

 

講演資料について
【価格】
10,000円(税抜) 11,000円(税込) 1月10日までのお申込みで20%割引
【受取方法】
指定サイトよりダウンロード
【受取期間】
2022年2月2日 から 2022年2月10日

 

 

開催情報