• Btn mail
  • twitter
  • facebook
  • line
  • mail
  • 会員登録
  • ログイン

 

聴講と講演資料購入お申し込み
聴講のみお申し込み

 

 パワーエレクトロニクス技術者の継続的な育成と交流を目的としてパワエレフォーラムをオンラインで開催します。
 多くの企業の課題であるパワエレ技術者の育成をテーマに行います。
 
 近年、パワエレ技術者は電気自動車、再生可能エネルギー、社会インフラ、家電と多岐の市場で活躍しています。
 それに伴い、企業ではパワエレ技術者の育成が大きな課題となっています。
 しかし、パワエレ技術者育成のカリキュラムを自社で確立している企業は少ないのが現状です。

 技術者教育手法に関する情報をシェアすることで、パワエレ技術者の育成とスキル向上に寄与することを目的としています。
 皆様にお会いできることを楽しみにしています。

 

開催概要
日程
2022年10月28日(金)10:00~17:30
主催
一般社団法人日本パワーエレクトロニクス協会
協賛
準備中
参加費用
無料
参加方法
ツール
Zoom
インストール
推奨環境
動作テスト

 

技術者育成 講演内容
10:00~11:00  司会:東京工業大学 特任教授/名誉教授 赤木 泰文
タイトル
電磁干渉の視点からパワエレ技術者を育成する
講演者
株式会社 日立製作所 生産・モノづくりイノベーションセンタ 回路システム研究部 生産E1ユニット
ユニットリーダ/主任研究員 大前 彩
概要
 弊社では鉄道、自動車部品をはじめとするパワーエレクトロニクス機器を開発しています。
 パワエレ機器の開発においては、製品性能や効率の他に、電磁ノイズ、冷却、振動など設計者が考慮しなければならない周辺課題が多くあります。
 今回は特に電磁ノイズの観点から、弊社での技術者育成の取り組みについてご紹介します。
略歴
2005年3月 東京農工大学大学院工学研究科 博士前期課程修了
2005年4月 株式会社日立製作所 生産技術研究所 入社
2018年4月~2020年3月Hitachi Europe GmbH 
2020年4月より現職
自動車、鉄道をはじめパワーエレクトロニクス機器の電磁ノイズ両立性の研究開発に従事

電子情報通信学会会員、エレクトロニクス実装学会会員

 

13:00~14:00  司会:横浜国立大学 寄附講座教授/名誉教授 河村 篤男
タイトル
インバータ技術開発におけるダイキン工業の技術者育成
講演者
ダイキン工業株式会社 テクノロジー・イノベーションセンター
主任技師 宮島 孝幸
概要
 弊社はモータ・インバータをセットで開発し、システムとして成立させることを特徴としており、部門間をまたいだ活発な議論、産学連携などを通じて高い省エネ性と低コストのモータ・インバータ技術を開発している。
 グローバルでのインバータ空調機拡大に貢献した電解コンデンサレスインバータの開発事例などを基に、弊社のパワエレ技術者育成の取り組みを紹介する。
略歴
2014年3月 東京大学大学院新領域創成科学研究科 博士課程修了。
同年 ダイキン工業株式会社入社。
現在、空調機器・油圧ユニット向けのモータ・インバータ制御技術の開発に従事。

電気学会会員、IEEE会員。

 

16:00~17:00  司会:横浜国立大学 寄附講座教授/名誉教授 河村 篤男
タイトル
Hondaの電動車両開発を通して伸ばすパーソナルコンピテンシー
講演者
株式会社本田技術研究所 先進パワーユニット・エネルギー研究所
チーフエンジニア 加藤 武士
概要
 Hondaは、1972年に世界のビッグメーカーに先んじた低公害エンジン「CVCCエンジン」を発表したように、50年もの以前から環境問題に対してチャレンジングに取り組んでおり、そのスピリットは、その後のハイブリッド車や電気自動車・燃料電池車の開発へと連綿と受け継がれています。
 こうしたチャレンジングな電動車両開発の中で、技術者がどの様に必要な能力を習得・拡張し、そして、次世代の若手に伝承しているかについて、研究開発の現場で体験した事例などとともにご紹介いたします。
略歴
 1990年、本田技研工業株式会社に入社。翌年、本田技術研究所に発足した電動車両開発室へ異動。以来、ハイブリッド技術IMAの研究他、インバータを中心としたパワーエレクトロニクス技術・部品研究や車両開発などに携わる。
 2012年、米国オハイオ州の研究所内に新設されたハイブリッド車両開発課マネージャーとして着任。北米地域のハイブリッド車両の開発推進や開発環境整備、電動化戦略などに従事。

 現在、パワーエレクトロニクス技術の新たな研究に取り組むとともに、複数の自動車技術会委員会に参画している。

 

講演資料について
価格
10,000円(税抜) 11,000円(税込) 9月28日までのお申込みで20%割引
受取方法
指定サイトよりダウンロード
受取期間
2022年10月21日 から 2022年10月28日

 

 

開催情報
 
開催内容
開催報告
第7回 開発ツールの最前線
第6回 最先端技術
第5回 技術者の育成