• Btn mail
  • twitter
  • facebook
  • line
  • mail
  • 会員登録
  • ログイン

[117]DC/DCコンバータの徹底理解講座(電流型、双方向DDコン、PFCコンバータ)

開催日時
2020年12月15日(火) 10時から17時まで
講師
平地 克也 先生
プログラム・内容 
 DC/DCコンバータは数Wから数100kWの容量まで広く実用化されています。使われる分野も家庭用から産業用まで広範囲に及んでいます。幅広い容量と用途に対応して、たくさんの回路方式が研究され、実用化されてきました。それぞれの回路方式には固有の動作原理があり、独特の特性を持っています。DC/DCコンバータを使用する場合、特性をよく把握した上で回路方式を選択し、動作原理を完全に理解した上で設計する必要があります。
 「DC/DCコンバータの徹底理解講座」では、それぞれの回路方式の基本となる動作原理をまず説明し、各種動作モードでの特有の振る舞いを解説します。その上で各回路方式の特徴を詳しく説明し、特性改善のための手法を紹介します。初心者の方は、各回路方式の動作原理と特徴の学習にご使用ください。ベテランの方は動作原理と特性の確認、および設計スキル向上のためにご参加ください。

1章 電流型DC/DCコンバータ
 1.電流型DC/DCコンバータの回路構成
 2.電流型DC/DCコンバータの基礎
 3.サージ電圧発生原理
 4.偏磁現象の電圧型との相違
 5.最近の技術動向

2章 双方向DC/DCコンバータ
 1.双方向DC/DCコンバータの用途
 2.各種双方向DC/DCコンバータ
   ①昇圧チョッパ+降圧チョッパ ②電流形+電圧型 ③Hブリッジ型 
   ④DAB方式 ⑤昇降圧チョッパ型 ⑥SEPIC+ZETA方式 
   ⑦双方向DDコンの作り方
 3.最近の技術動向

3章 PFCコンバータ
 1.PFCコンバータの基本
 2.昇圧型
  2-1 昇圧型連続モード制御
  2-2 昇圧型不連続モード制御
  2-3 昇圧型境界モード制御
  2-4 2石式と4石式
 3.昇降圧型
 4.降圧型
  4-1 降圧型の概要
  4-2 降圧型の新しい制御方式の紹介
 5.その他重要事項
  5-1 絶縁型
  5-2 制御方法
  5-3 高周波ノイズ等価回路
  5-4 リプル電圧の抑制
  5-5 シングルステージコンバータ
 6.ソフトスイッチングの応用
  6-1 位相シフトフルブリッジ方式による1段式PFCコンバータ
  6-2 昇圧型PFCコンバータのソフトスイッチングの例
  6-3 逆流モードを使ったPFCコンバータのソフトスイッチング

 電流型DC/DCコンバータは、通常のDC/DCコンバータとは基本的に異なる原理で動作しており、大きな昇圧比を得たい場合や、入力のリプル電流を抑制したい場合に使用されます。双方向DC/DCコンバータの構成要素の一部としても使用されます。
 双方向DC/DCコンバータは、電池の充放電やモータの力行・回生動作に対応できるので、近年自動車や新エネの分野で注目されています。
 PFCコンバータ(高力率コンバータ)は1990年代に広く研究され実用化されました。近年車載充電器とLEDドライバという新しい用途が出現し、再び注目されています。
 この講座では、これら3つの回路方式の基礎から応用までを詳しく説明します。さらに最近の内外の研究開発動向を紹介します。

【類似セミナー】
・第4回舞鶴高専パワエレ公開講座「DC/DCコンバータの4つの回路方式について」
・第5回舞鶴高専パワエレ公開講座「PFCコンバータの基礎から応用まで」

 

【講師インタビュー動画】

受講対象者
・DC/DCコンバータの各種回路方式の基本的動作原理を理解したい方。
・各種回路方式の特徴を理解したい方。
・採用するべき回路方式の選択を検討している方。
・DC/DCコンバータの設計を始める方。
当日までに準備いただくこと
1.Webセミナーアプリのインストール(協会が開催前日に送付する招待メールからでもインストールできます)
2.できれば、次の平地研究室技術メモを読んでください。
  ①No.20100228、「電流型DC/DCコンバータについて」
  ②No.20160601、「双方向DC/DCコンバータの各種回路方式」
  ③No.20070415、「昇圧チョッパ型高力率コンバータの動作原理」
当日の持ち物
1.ノートPC
2.講義資料(事前に協会より郵送します。)
3.筆記用具
4.電卓
受講料
45,000円(消費税別)
会場
Zoomを利用したWebセミナーとなります。
マイク機能付きパソコン(カメラは必要ありません)で受講ください。

Zoomの利用方法は、下記をご確認ください。
 https://pwel.jp/articles/96
主催
日本パワーエレクトロニクス協会