• Btn mail
  • 会員登録
  • ログイン

パワエレマスター

累積獲得ポイント6,340 ポイント
ニックネームパワエレマスター
プロフィール一般社団法人日本パワーエレクトロニクス協会の事務局メンバです。
各種サービスの企画、コミュニティサイトなどのシステム設計を担当しています。
サービスやシステムの改善点があれば、コミュニティサイトの「協会に対する要望」に投稿してください。
所属チーム

質問・投稿一覧

回答一覧

質問・投稿[PSIM]エラーメッセージ「有効なwin32アプリではありません」に関しまして
回答PSIM Ver.10はWindowsXPには対応していないようです。

https://mywayplus.zendesk.com/hc/ja/articles/115002621814
回答日時2018/08/02 09:18:14
質問・投稿[PSIM]【レンタル版】ライセンスの有効化/無効化させる為の操作について
回答[オプション]メニュー > ディアクティベートにより、ライセンスを開放(無効化)できます。
[オプション]メニュー > アクティベートにより、ライセンスを有効化できます。
回答日時2017/10/11 22:10:00
質問・投稿[PSIM]ZIPファイルのままでのインストールについて
回答インストールファイルがZIPファイルの場合、必ずZIPファイルを解凍してから.exeという実行ファイルをクリックしてインストールしてください。うまく動作しないことがあるため、zipのままでインストールしないでください。
回答日時2017/07/07 02:12:00
質問・投稿[PSIM]Version11.0で追加された機能の Cブロックを好きなエディタで編集する際の設定方法
回答
Cブロックを開いていただくとウィンドウの左上の方にある色の設定部分の下に“Use external file” のチェックボックスがありますのでそこにチェックを入れてください。

あとはファイルを保存してお好きなエディタで編集していただいた後に“ファイルを開く”で 読み込むことができます。

一度読み込んでおけば、ファイルを直接編集して保存した結果が反映されます。

回答日時2017/07/07 02:10:00
質問・投稿[PSIM]FFT解析について
回答窓関数について
PSIMのFFT解析時に使用している窓関数は、矩形窓です。この窓関数を設定・変更できる機能はないようです。

周波数分解能について
FFT解析結果は、解析するデータの長さ Tlengthに依存します。 FFT解析の基本波周波数は1/Tlengthとなり、Δf=1/Tlength毎に 解析結果が得られます。このΔfが周波数分解能です。詳細は、04410-A2-047_PSIM_Ver.11.0_User's_Guide_V1_0の「FFTによる高調波解析」部分に書いてあります。
回答日時2017/07/07 02:09:00